AI

Excel

AIOCR

AI
AI

問い合わせ
資料請求

AI

課題

データ検証を人間が目視で行っており、人為的ミスが発生しやすく、生産性の改善が必要な環境に陥っている。

機能

ジーニアルAIの「証憑突合機能」を利用
効果:調書化するまでで、かかっていた時間の3分の1、約7時間に短縮することができました。セルをクリックすることで紐づいている証憑にすぐジャンプすることができるため、調書レビュー時間も同時に短縮されました。

課題

データ検証作業において、不備のある証憑の特定と報告漏れ取引の洗い出しに時間がかかっている。

機能

ジーニアルAIの「他の証憑を探す機能」を活用
効果:「他の証憑を探す機能」で突合できなかった証憑を一覧で確認ができるようになり、指摘事項を的確かつ簡単にまとめることが出来るようになりました。従来はPDFを1件ずつ目視で行っておりましたが、ジーニアルAIがその役割を代替してくれたことで社内報告もスムーズになりました。

課題

PDFからExcelへ書き写す業務では、手作業の処理を複数同時に行っており、ストレスが溜まりやすくなっている。

機能

ジーニアルAIの「テーブルクリップ機能」を活用
効果:ジーニアルAIの「テーブルクリップ機能」を活用して、PDF上にある表を1クリックでセルへ自動転記することで、同時に複数の処理を行っていたことを代替することができるようになりました。最終的には人間の目でみてチェックするだけにタスクを縮小できたので、空いた時間でより付加価値の高い業務へ移行できています。

問い合わせ
資料請求

ExcelデータとPDFの一致する箇所を自動で照合。
自動証憑突合機能
インポートされた証憑の中から該当するテキストを範囲指定することでExcelセルへ自動転記。
テキストクリップ機能
インポートされた証憑内のテーブルデータを解析し、Excelセルへ自動転記。
テーブルクリップ機能
インポートした証憑を全ページ解析し、該当するテキストを検索。
ワードピック機能
Excelデータと照合されなかった証憑を一覧で確認が可能。
他の証憑を探す機能
端数処理により1円などの誤差が発生しても、設定すれば一致判定可能。
誤差を許容する機能
初回インポート以降に追加インポートをした証憑のみを対象とした突合機能、効率的な突合を実現。
追加突合機能
突合した結果を出力する機能、Excelデータ行に該当した証憑を一覧で表示。
結果出力機能
登録した日数に応じて自動でクラウドから証憑データを削除、安心安全なセキュリティを実現。
クラウド自動削除機能
freee会計から取引との紐付け関係を保ったまま証憑データを一括ダウンロード。
クラウド会計との連携
必ず紐づけたいデータのうち一部しか一致しかなった証憑があってもオレンジ色でハイライト。
OR条件による紐づけ
日本語と英語を含む15言語の証憑読み取りに対応。
多言語対応

AI
ISMS(ISO27001)認証

弊社の情報セキュリティ体制は、国際基準を満たす高い水準にあります。

アクセス制限

Excelファイルへのアクセス権がないと、取り込んだデータを閲覧できないよう制限しています。

暗号化

保存されたデータはAE256で、通信中のデータはTLS1.2/1.3で暗号化されます。

モニタリング

アクセスログや処理能力を定期的にモニタリングして検出事項に対応しています。

ソフトウェアの更新

定期的に脆弱性評価を行い、すべての脆弱性をパッチしています。

パスワード要件

社内システムは文字数と複雑性を満たすパスワードを強制し、二要素認証を導入しています。

侵入テスト

ハッキングや脆弱性に対応するための侵入テストを毎年実施しています。

情報セキュリティ研修

定期的に全従業員への研修を行って、高いセキュリティ意識を維持しています。

インフラ体制

AWS東京リージョンのデータセンターを利用し、SOC2レポートを毎年レビューしています。

問い合わせ
資料請求

監査用国産証憑突合ソフト
1
サービス継続率
90%以上
証憑突合時間削減量
80%(最大)

月額費用
1万円~
※ 価格は税抜き価格を表示しています。
※ ライセンスはMicrosoftアカウントに紐づく
※ 3年契約の場合は初年度は半額で提供します。
※ オンボーディング研修を無料で実施します。

1
導入支援
貴社に適した運用体制を提案し、定着までの推進活動をサポートします。
操作説明やツールの注意点、個社ごとの課題把握に努め、効果的な運用を実現します。
2
サポート窓口
導入担当者や部門で対応できうる環境構築支援はもちろん、対応が逼迫しないように当社にてメール・チャット・Webミーティングでお問い合わせ対応することが可能です。
3
豊富なサポートツール
ツールの基本的な操作方法、応用的な使い方やトラブル対応についてまとめた資料を会社HP上にてご提供しています。
問い合わせ
資料請求

Q.どの機能にAIを使用しているのか

取引と証憑とを関連付ける機能にAIを使用しています。 ユーザーがアップロードしたデータをAIの学習に使用する機能は搭載しておりません。

Q.監査判断は誰が行うのか

AIでは多少のエラーが生じてしまうため、職業的専門家としての判断はユーザーに委ねています。

Q.紙の書類をスキャンした証憑にも対応しているか

手書き文字や書き込み等のノイズにより文字認識エラーが発生する可能性がありますが、読み取り可能です。

Q.どの言語に対応しているか

現在は日本語と英語に対応しております。将来的に他の言語にも対応できるよう開発を進めております。

Q.どのようなセキュリティ対応を行っているのか

ISO27001認証取得に加えて、脆弱性スキャン、侵入テスト、インフラ体制のレビューなど、万全のセキュリティ対策を行っています。ご要望いただければ、貴社の情報セキュリティチェックリストへジーニアルテクノロジーが対応します。

 

資料を請求する
資料ダウンロード
ご不明な点はお問い合わせへ
お問合せ/デモを請求