ジーニアルテクノロジー

GenialAIは、セマンティック・リコンシリエーションを実現するオンライン監査ツールです。 GenialAIは、会計データの性質を理解しているので、取引を裏付け書類とともに手動でテストする時間を節約できます。

沿革

監査法人で働いていた頃、ジーニアルテクノロジーの創業者である阿部川は会計データを手作業で修正していました。大規模な会計データを、既存の不便なツールで処理するのは大変で、時間もかかりました。特にMicrosoft Excelは100万行以上のビッグデータを扱うことができず、会計分野に特化した支援機能もありません。

阿部川はAIが会計を自動化する未来を想像しました。経理チームが管理する書類や電子ファイルの数は大幅に減るでしょう。システムは、得意先、仕入先、銀行、企業の各拠点から電子データを受け付け、自動的に仕訳を生成するでしょう。監査人の役割は単純なチェック作業から、新しい会計基準を解釈し、AI監査システムに入力し、財務報告書をチェックする作業にシフトするでしょう。このような生産性の高い未来の会計/監査を実現するためには、自己学習型の自動監査プラットフォームが必要であると阿部川は考えました。

彼はカーネギーメロン大学を卒業後、機械学習、自然言語処理、クラウドコンピューティングなどのコンピュータ技術を、現在の会計業界が抱える問題の解決に役立てようと考えてジーニアルテクノロジーを設立しました。

製品の特徴

GenialAIは、会計元帳や証憑の監査に特化して開発されたクラウド型のAI監査ツールです。GenialAIは、反復作業の実行を支援し、円滑な監査判断を妨げるデータの不整合を解消します。このプラットフォームは、GenialAIを他の会計製品との主な差別化要素として、監査プロセスの自動化と認識的インタラクションに焦点を当てて開発されています。

これらの新しい技術をまとめるために、ジーニアルテクノロジーは® は、「バランス」「自動化」「使いやすさ」「セキュリティ」という4つの原則に基づいてGenialAIを開発しました。これらの原則により、GenialAIは、監査作業の精度を保ったまま、監査手続やデータ準備の時間を削減することを目指しています。  さらに詳しく

チーム

ジーニアルテクノロジー® は、コンピュータ技術を知る会計専門家によって設立されました。現在、チームでは営業とマーケティングの人材を募集しています。特に、四大監査法人の監査人であるお客様の声を聞くことで、監査人のニーズを深く理解できる専門的な人材を必要としています。  さらに詳しく