GenialAI Audit

証憑突合を自動化する自己学習型の監査プラットフォーム

会計監査

監査手続において、公認会計士は多くのファイルを扱います。例えば、何百もの販売記録と、それに対応する契約書、注文書、出荷伝票、請求書、入金記録などを照合します。さらに、多くの被監査会社は、これらのファイルを紙やPDFで保管しています。そのため、監査人は売上記録が正しいかどうかを確認するために、手作業でファイルをチェックしなければなりません。また、総勘定元帳や補助元帳などの大規模なデータからエラーや不正を見つけるよう社会から期待されています。

  • 時間がかかる:大量の紙資料と電子ファイルを管理
  • 人件費がかさむ:従来のツールは手作業を前提としていて面倒
  • エラーや不正を見逃す:試査を前提とした監査の限界

GenialAIは、これらの問題を解決したいみなさまをサポートいたします。監査人は、GenialAIと対話しながら、売上テスト等の証憑突合手続きを自動化します。繰り返しの多い定型監査業務はGenialAIに任せてられます。また、GenialAIはサンプリングなどの人間の判断も支援できます。加えて、GenialAIはERPシステムとスムーズに連携し、会計データの抽出や分析をAIで行います。これのように、監査人は会計データをチェックするための新たなツールを獲得できます。

製品の仕組み

時間を節約

AIで効率化

コスト削減

監査リスクとコストを削減

ダウンロード

突合結果をExcel形式で出力

GenialAI Auditのテクノロジー

  • 試査から精査へ
    サンプルの代わりに全データをテスト
  • より速く
    数時間を数分へ短縮するデータ処理
  • リスク検出
    高リスク取引を抽出する機能
  • 機械学習
    人間の判断を正確に再現

バランス

GenialAIはユーザーからの指示がなければ、一切データを変更しません。また、GenialAIは過去のユーザーの行動を学習することで賢くなっていきますが、学習範囲を広げすぎるとかえって使いづらくなることがわかっています。アルゴリズムは便利ですが、完璧ではありません。ですから、日常的な分析をGenialAIに任せればいいのです。誤解や勘違いを解きほぐすことができるのは人間だけです。

自動化

GenialAIはファイルの種類やエンコーディングの違いなどの技術的な問題を解決するために、データを自動的に前処理します。ユーザーが指示を出すと、GenialAIはアルゴリズムと内部データベースを用いてデータを分析し、修正や改善を提案します。これにより、ユーザーはデータの不整合を手作業で見つけて修正する必要がなくなります。そのため、ユーザーは人とのコミュニケーションに時間を割いて、人にしか解決できない問題に集中することができるようになります。

使いやすさ

GenialAIはお客様の時間を節約するために、クラウドを活用しています。GenialAIのエンジンは、処理の迅速化のため、バックグラウンドのリソースを一時的に増やすことができます。一方で、直感的に操作できるユーザーインターフェースは、機能をご理解いただきやすく、オンラインマニュアルを検索する必要はありません。GenialAIはヒューマンコンピュータインタラクションを重視しています。

セキュリティ

すべての会計データは機密情報です。GenialAIはデフォルトでアカウントコントロールをオンにし、接続を暗号化しています。また、ユーザーはいつでもサーバーからデータを削除することができます。加えて、ジーニアルテクノロジーはすでにISO 27001(ISMS)認証を取得しています。ご要望に応じて、SOC 2レポートを提供することも可能です。

製品の特徴

証憑突合を最後から最後まで自動化

サンプル選択

GenialAIはテストするサンプル取引の選択をサポートします。検索ボックスと便利なフィルターを使えば、Excelよりも早く母集団のデータセットを扱うことができます。また、これまでの選択内容を学習し、テストすべきレコードを提案してくれます。重要なカラムをブラウザに表示することで、リスクの高い取引を効率的に判断することもできます。

テスト項目の定義

テスト項目の定義はGenialAIのコアとなる、証憑に基づいて母集団を検証する方法を定義する機能です。直感的なユーザーインターフェースにより、テスト項目を任意の場所に追加/削除することができます。また、OCR結果から母集団に新しいカラムを追加する機能や非常に多様な証憑突合のニーズに対応できる柔軟なデータクレンジング機能もあります。収益認識基準フラグなど、カラムの値に応じて照合する対象や方法を切り替える条件付き照合もあります。テスト定義ファイルをダウンロード/アップロードすることで、文書化や再実行が容易になります。この他にも、こちらに記載しきれない様々な機能が実装されています。

突合結果のレビュー

GenialAIは突合処理のプロパティに加え、すべての項目が一致した取引、紐づけられる証憑がない取引、フォローアップが必要な取引に加え、など、取引を3つのカテゴリーへ分類して金額と行数を表示します。カテゴリーを選択して突合結果をExcelファイルとしてダウンロードしたり、詳細を確認したりすることができます。

突合詳細のレビュー

取引行を検索して、対応する母集団やOCRの結果や画像などを一覧表示することで、テスト結果を確認することができます。また、行をフィルタするか表をスクロールすると、対応する証憑のページ画像が表示されます。そのため、母集団と一致しない取引をフォローアップしやすくなります。

ドキュメントの管理

GenialAIには母集団ファイルや証憑ファイルを管理するための画面が用意されています。この画面では、OCR結果の確認や再実行や抽出データのダウンロードなどが可能です。また、複数の証憑ファイルにかかるOCR結果を1つのExcelファイルにまとめてダウンロードすることもできます。

OCRの設定

GenialAIは代表的な読取項目について、座標、テーブル構造、テーブルヘッダー、正規表現、言語などのOCR設定を自動生成できます。この技術は日本で特許を取得しており、米国では特許出願中です。

また、テーブルデータを抽出するには、2つの方法があります。①表のヘッダを1つだけ指定して、GenialAIに表の構造を解析させる方法と、②一行目のセル座標を指定して、GenialAIに二行目以降を検索させる方法です。

OCRの実行

証憑をアップロードすれば、あとはGenialAIが処理してくれます。GenialAIは最適なOCRの設定を検索して適用します。また、画像認識技術を用いて、倍率の違いや傾きを修正することで、OCR設定で指定した座標をそのまま適用できるように処理します。

GenialAIは10種類の言語を読み取り、手書き文字にも対応しています。また、テーブル構造を自動認識してデータを抽出します。なお、GenialAI OCRのすべての機能は、GenialAI Auditにも含まれています。

OCR結果の確認

証憑ページと抽出データを並べて表示することでOCR結果の確認をサポートします。エラーが発生した場合は、手動で結果を編集したり、OCRテンプレートを変更したり、証憑ページから新しいOCR設定を作成することができます。表示されているページのみのOCR結果もこちらからダウンロードできます。

セキュリティの確保

貴法人のセキュリティポリシーに準拠したパスワードポリシーへカスタマイズ可能です。例えば、パスワードの最小文字数、複雑さ、有効期限、再利用禁止、アカウントロック時間、二要素認証などを設定可能です。

さらに、ロールベースのアクセス制御、データ通信およびデータストレージの暗号化、リアルタイム脆弱性スキャン、適時のソフトウェアアップデートなどのサービスを提供しています。なお、当社はISMS(ISO27001)認証を取得しております。

業界別ユースケース

主な突合手続

GenialAI Auditは、お客様が必要とするデータを様々なフォーマットの証憑から自動的に抽出してスプレッドシートと照合します。例えば以下のようなユースケースがあります。

  • 会計監査 :GenialAIはもともと監査証拠収集手続としての証憑突合自動化のために開発されました。
  • データ入力チェック :強力な突合機能により、大規模なデータセットを自動的に検証します。
  • コンプライアンス :本人確認手続などの内外の法令要件を遵守するのに役立ちます。
  • コンピュータ・フォレンジック :PDFや画像などのデータから簡単にキーワード検索をすることができます。

経理業務

  • 請求書処理 :購買システムへの入力データを簡単に検証することができます。
  • 旅費精算 :領収書やレシートに毎月悩まされる必要はありません。
  • スリーウェイ・マッチング :注文書、納品書、請求書の突合手続を自動化します。

ヘルスケア

  • 患者様アカウントの作成・更新 :登録フォームに入力された患者様の氏名、住所、保険などのデータを、本人確認書類や保険証などの証憑と突合します。

製造業

  • 部品表の検証 :部品表(BOM)と部品仕様書を照合し、入力エラーを検出できます。

小売業

  • 入庫管理 :入庫品にかかる在庫管理を一部自動化します。
  • 出庫管理 :出庫品にかかる在庫管理を一部自動化します。

物流

  • 出荷書類の処理 :荷物に添付されたAir Waybillなどの出荷書類を読み取り、Excelファイルと自動的に照合します。

ご利用料金

突合手続に関するリスクとコストを削減

算定基準ライセンス数
価格$1,800/年/1ライセンス(IT管理者)
$1,200/yr.1ライセンス(その他のユーザータイプ)
(+$50/時間でオンボーディング)

システム要件

ブラウザChrome、Safari、Firefox、Edge (Chromium版)
インターネット回線20Mbps以上 (ダウンロード、アップロード)