コラム
コンプライアンス違反とは(後編:原因、防止策、対応方法について)

企業や組織が遵守すべき法律や規制に違反した場合、それを「コンプライアンス違反」と呼びます。コンプライアンス違反は、企業に多大なダメージを与え、最悪の場合、倒産に追い込まれる危険性さえあります。本記事の後編では、コンプライアンス違反が起こる原因と対策、そして実際にコンプライアンス違反が発生してしまった場合の対応方法を解説します。
前編コラムでは、コンプライアンス違反の基礎となる定義や違反事例を解説しております。

続きを読む
コラム
コンプライアンス違反とは(前編:種類、事例について)

企業や組織が遵守すべき法律や規制に違反した場合、それを「コンプライアンス違反」と呼びます。コンプライアンス違反は、企業に多大なダメージを与え、最悪の場合、倒産に追い込まれる危険性さえあります。本記事では、コンプライアンス違反の原因や企業への影響を解説し、後編にてコンプライアンス違反をどのように予防・対処するかについて詳しく解説します。

続きを読む
コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - 有名企業の事例

ニュースなどで大手企業による不正会計の事例を耳にすることもあると思います。不正会計と聞いても、具体的にどのような行為が不正となるのかピンとこない方も多いのではないでしょうか。この記事では、有名企業で起きた不正会計の事例5つ紹介していきます。

続きを読む
コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - その種類と手口について

不適切会計、不正会計、および粉飾決算は、財務諸表を改ざんしたり、経営状態の適切な把握に必要な情報を隠蔽したりすることを言います。こういった不正が発覚すれば、企業の信用やイメージに傷が付くことは避けられません。企業価値・信頼性の失墜につながり、最悪の場合、企業存続が難しくなることさえあり得ます。
企業の健全な経営体制を維持するためにも、これらの不正会計の種類をきちんと把握することが必要です。
本記事では、これらの不正会計の種類と手口を分かりやすく解説します。

続きを読む
コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - その違いや原因、対策について

会計とは、企業における日々のお金の流れなどの取引をすべて記録することで、事業活動を定量化して管理する業務のことです。しかし、残念ながら、不適切会計、不正会計、および粉飾決算が存在することがあります。これらの行為は、大企業のみの問題ではなく、中小企業や個人事業主にも身近に起こりうる問題です。このコラムでは、不適切会計、不正会計、および粉飾決算について、それぞれが何を意味するのか、それらの原因は何なのか、およびそれらを防止するためにどのような措置が必要かについて分かりやすく説明します。

続きを読む