コラム
3点照合とは - その意味と目的、仕組について

経理担当者は請求書をもとに支払処理を行います。しかし、請求された商品やサービスが正確に納品されたか、および請求金額が発注金額と一致するかを確認するには注文書や納品書も確認する必要があります。これらの確認作業の手法のひとつが、3点照合(3 way matching)です。このコラムでは3点照合とは何なのか、その目的やプロセスについて分かりやすく説明します。

続きを読む
コラム
計上漏れ、二重計上とは - 経理のよくある計上ミスの原因や対策について

経理業務の中でも特にミスが発生しやすい計上漏れや二重計上は、会計において重要な問題とされています。虚偽申告となり重大な違反となり得るため、これらの計上ミスを防ぎ、正確な会計処理を行うことが求められます。本記事では、これらの計上ミスの原因や引き起こし得る問題、そして防止方法について解説します。

続きを読む
コラム
帳票とは?経理で扱う帳票の種類や保存期間、電子化について

帳票は、経営に関係する書類の総称のことです。請求書、納品書、見積書など、それぞれの用途や目的が違うのは当然のことですが、その扱いは法律によって一定期間保存するなどが義務付けられているため、それぞれを理解しておく必要があります。本記事では、「帳票とは何か」「管理方法や期間はどうなっているのか」といった多くの方が抱く疑問や、「電子帳簿保存法」について詳しく解説します。

続きを読む
コラム
証憑とは?経理で扱う証憑書類の種類や保存期間について

「証憑として扱われる書類の範囲がわからない」
「証憑書類の保存期間に決まりはあるのだろうか」
こういったお悩みを抱えていないでしょうか。
証憑は事業を行うにあたってなくてはならないものであり、日頃から当たり前のように扱っている書類でもあります。
しかし証憑として扱われる書類は多岐に渡るため、証憑に該当する書類がどのようなものであるか、またその保存期間や保存方法について正しく理解している方は少ないのではないでしょうか。
この記事では、証憑の概要とあわせて、証憑書類の種類や保存期間について解説します。

続きを読む