コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - 有名企業の事例

ニュースなどで大手企業による不正会計の事例を耳にすることもあると思います。不正会計と聞いても、具体的にどのような行為が不正となるのかピンとこない方も多いのではないでしょうか。この記事では、有名企業で起きた不正会計の事例5つ紹介していきます。

続きを読む
コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - その種類と手口について

不適切会計、不正会計、および粉飾決算は、財務諸表を改ざんしたり、経営状態の適切な把握に必要な情報を隠蔽したりすることを言います。こういった不正が発覚すれば、企業の信用やイメージに傷が付くことは避けられません。企業価値・信頼性の失墜につながり、最悪の場合、企業存続が難しくなることさえあり得ます。
企業の健全な経営体制を維持するためにも、これらの不正会計の種類をきちんと把握することが必要です。
本記事では、これらの不正会計の種類と手口を分かりやすく解説します。

続きを読む
コラム
3点照合とは - その意味と目的、仕組について

経理担当者は請求書をもとに支払処理を行います。しかし、請求された商品やサービスが正確に納品されたか、および請求金額が発注金額と一致するかを確認するには注文書や納品書も確認する必要があります。これらの確認作業の手法のひとつが、3点照合(3 way matching)です。このコラムでは3点照合とは何なのか、その目的やプロセスについて分かりやすく説明します。

続きを読む
コラム
計上漏れ、二重計上とは - 経理のよくある計上ミスの原因や対策について

経理業務の中でも特にミスが発生しやすい計上漏れや二重計上は、会計において重要な問題とされています。虚偽申告となり重大な違反となり得るため、これらの計上ミスを防ぎ、正確な会計処理を行うことが求められます。本記事では、これらの計上ミスの原因や引き起こし得る問題、そして防止方法について解説します。

続きを読む
コラム
不適切会計、不正会計、粉飾決算 - その違いや原因、対策について

会計とは、企業における日々のお金の流れなどの取引をすべて記録することで、事業活動を定量化して管理する業務のことです。しかし、残念ながら、不適切会計、不正会計、および粉飾決算が存在することがあります。これらの行為は、大企業のみの問題ではなく、中小企業や個人事業主にも身近に起こりうる問題です。このコラムでは、不適切会計、不正会計、および粉飾決算について、それぞれが何を意味するのか、それらの原因は何なのか、およびそれらを防止するためにどのような措置が必要かについて分かりやすく説明します。

続きを読む
コラム
OCRをDXに活用しよう - OCR APIとOCRアプリのメリット/デメリットについて

OCR(Optical Character Recognition)は、画像やPDFファイルなどの文書データを電子テキストデータに変換する技術です。DX(デジタルトランスフォーメーション)においても、OCRは様々な場面で活用されており、文書データを管理したり、データを効率よく処理したりするために欠かせません。

OCRをDXに活用するには、OCR APIを利用する方法と、OCRアプリを導入する方法があります。それぞれについて、メリットやデメリットを比較してみましょう。

続きを読む
コラム
注文書(発注書)とは?その目的や注意点、書き方について

注文書は、相手に対して商品やサービスなどを「発注します」という意思を示すために発行するものです。注文書を発行することで、発注に関する様々なトラブルを防ぐことが期待できます。今回は、注文書の作り方や発注業務の流れ、事務処理の方法について解説します。

続きを読む
コラム
出荷証明書とは?その位置付けやルール、書き方について

出荷証明書は、建設業界、公共工事などをはじめとした様々な事業において、安全性や工事そのものの透明性を具体的に示すために必要です。今回は、図面通りの使用や数量で施工できているかどうかを確認するだけでなく、作業がトラブルなく行われているかどうかを把握するために必要とされる「出荷証明書」について解説します。

続きを読む
コラム
残高確認状とは?その目的や種類、監査手続における位置付けについて

会計監査を受ける仕入先から送られてくることがある「残高確認状」は、その仕入先からの売掛金の残高確認などを求められるのですが、いきなり届いた時には「何をどうしたら良いの?」と驚いてしまうこともあるでしょう。
今回は、経理業務を行う中で残高確認状が送られてきた場合、そして送る立場になった場合に知っておきたい「残高確認状」について、解説します。

続きを読む
コラム
帳票とは?経理で扱う帳票の種類や保存期間、電子化について

帳票は、経営に関係する書類の総称のことです。請求書、納品書、見積書など、それぞれの用途や目的が違うのは当然のことですが、その扱いは法律によって一定期間保存するなどが義務付けられているため、それぞれを理解しておく必要があります。本記事では、「帳票とは何か」「管理方法や期間はどうなっているのか」といった多くの方が抱く疑問や、「電子帳簿保存法」について詳しく解説します。

続きを読む